2013年05月09日

映画「ダーク・シャドウ」

ティム・バートンにジョニー・デップが加わり最強のコメディ映画に見える
というかんじで観ました
----------
アメリカへ移住した実業家の息子である主人公は
横恋慕から嫉妬に狂った魔女にヴァンパイアにされ、生き埋めにされて200年を過ごした。
ふとした事から目覚めた主人公は、自身の家が落ちぶれているのを目の当たりにし、
一族再建のために行動に出る。
----------
昔の人が現代にトリップしちゃいましたヴァンパイア編

ヤンデレメンヘラで美人な実業家兼魔女

を合わせてシュールにコミカルにしましたってかんじですか
まあなんとも・・・まあ
シザー・ハンズとかを想像するとそこまで痛快ってわけでもないんですが
でもつまらなくはなかったです
なんかでももうちょっとどうにか出来なかったのか感もあるが
何が原因とも言い難いなんとももやもや

あでも普通に面白いんですよ個々の笑いどころは
繋げるとなんとも微妙な
みたいなだけで うん
なんも考えずに観るのがいい映画かなと思いました
posted by リオ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。