2013年06月09日

映画「鍵泥棒のメソッド」

気付いたら半月映画の話題してないじゃないか
ふっつーに観てました
ついったの方には書いてたからうっかりしてたわ
じゃ怒涛の映画評更新
----------
自殺を考える売れない役者な主人公は
銭湯で見るからに勝ち組な男の隣になる。
彼は浴場でひっくり返ってしまい頭を強打、
その時落ちたロッカーの鍵を主人公はそっとくすね
勝ち組男になりすます。
----------
めちゃくちゃ面白かったですよ
香川もいい演技してたし
堺雅人の超滑稽な演技とかすごい笑える

少し怖さのあるミステリー要素も良く
広末の少し変わった役どころが差し色になってて
こう絡むか広末の役どころ ってかんじ
終わり方もこう終わるかってかんじで自分は好きです

まあ展開的には演劇的な強引さや非現実感も漂っているので
そこは目をつむりましょう
あんまり期待してなかったんだけど普通に面白かった
とりあえずいいから観ろってかんじの映画でした
posted by リオ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。