2013年06月09日

映画「THE 有頂天ホテル」

三谷幸喜作品はとりあえず間違いないよね
----------
大晦日を迎えた高級ホテルでは、年越しパーティの準備で大忙し。
そこで働く従業員達、客達が予測のつかない繋がりを見せる。
----------
主要な人物だけで23人とか24人とか言ってましたか
多すぎわろすで把握するのがすごく大変でしたーがー
画だけで分かりやすく人物を分けているのでそこまで大変ではないかな
このどたばたをどう収拾つけるんだと思ったけど良い感じにまとまってスッキリ
役者陣の掛け合いのテンポの良さは三谷映画!!ってかんじでしたね

長回しのシーンが多めでリアリティあるっていうか
長回しのシーンって演じるのすごい大変なので純粋にすげーなーっていうか
そのシーンが多いから忙しい大晦日がよく伝わってくるのも良

正直人が多くてドタバタ感に疲れるかもしれないですけど
豪華役者陣だけでも十分楽しめる映画なので
とりあえず笑いたい人にはいい映画かな!!
posted by リオ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365743598

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。