2013年06月09日

映画「ミッドナイト・イン・パリ」

芸術方面そこまで詳しくないんでどうだろなと思いつつ観た映画
----------
一応仕事で成功し、婚約者もいる主人公、しかし心の底には小説家への憧れがあった。
旅行で訪れたパリでも微妙に婚約者とすれ違う主人公は、
迷い込んだ路地で乗り込んだクラシック車で、憧れの小説家や芸術家のいる時代へタイムスリップする。
----------
オトナファンタジーだね
タイムスリップとか言うからどんなんかと思ったけどふんわりと面白かった
ピカソ・ダリ・ヘミングウェイとその時代の有名どころ押さえててすごいね
ダリが超似てんの(笑)

でもいつの時代も「昔は良かった」なんだよなあ
温故知新たるべきなんですがなかなかね
それは昔の偉人も普通にありえた ただの人だった時代のつぶやきなんですね

フィアンセとその知り合いの男性が
なんとも言えぬ存在感と厭味ったらしさがあってよかった
男のこういう気持ちは分かってもらえんもんだよなあと苦笑

題材としては食わず嫌いが発生しそうな映画ですけど
平気なら是非ってかんじの映画でしたとさ
posted by リオ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。