2013年05月09日

映画「ダーク・シャドウ」

ティム・バートンにジョニー・デップが加わり最強のコメディ映画に見える
というかんじで観ました
----------
アメリカへ移住した実業家の息子である主人公は
横恋慕から嫉妬に狂った魔女にヴァンパイアにされ、生き埋めにされて200年を過ごした。
ふとした事から目覚めた主人公は、自身の家が落ちぶれているのを目の当たりにし、
一族再建のために行動に出る。
----------
昔の人が現代にトリップしちゃいましたヴァンパイア編

ヤンデレメンヘラで美人な実業家兼魔女

を合わせてシュールにコミカルにしましたってかんじですか
まあなんとも・・・まあ
シザー・ハンズとかを想像するとそこまで痛快ってわけでもないんですが
でもつまらなくはなかったです
なんかでももうちょっとどうにか出来なかったのか感もあるが
何が原因とも言い難いなんとももやもや

あでも普通に面白いんですよ個々の笑いどころは
繋げるとなんとも微妙な
みたいなだけで うん
なんも考えずに観るのがいい映画かなと思いました
posted by リオ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「天地明察」

時代劇で科学な話題は珍しいなと思って観ました
----------
算術に長け星を眺めるのが好きな主人公は
ある日会津藩主の命を受け、各地の緯度を回る度に出る。
そこで現在の暦がずれている事を知り、暦を正す大仕事へと乗りだす事になる。
----------
江戸時代の算術に関する現代解説的なのがあればよかったですねえ
DVDの特典映像にでも入れてくれれば面白かったものを
絵馬に書かれた問題もなんの公式についての話題なのかさっぱり
算盤と一緒に使ってた小道具もなんのためのものなのかさっぱり
あれだとぱっと見小学校の頃のさんすうセットにしか見えないっていう
多分ちゃんとした道具だったろうにもったいない

まあそういうのは置いておけばそれなりに良かったかな
音楽が久石譲ってのもあって音楽はとてもよかった

暦を図り調べるのは並大抵の作業ではないってのは
かかる時間の長さからよく分かりました
しかし岡田准一も宮崎あおいも全く老けない(笑)
最後の方で出てくる公家の皆さんが完全に悪役になってるのはなんだかなー
公家は公家側なりのあれこれがあると思うんですが

とあれこれ言いますが良い映画でしたよ
個人的には「武藤さん何出演してんですかー!?」ってかんじでしたが
あ自分はグレートムタの方が好きです なんでもないです
posted by リオ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

映画「白雪姫と鏡の女王」

コメディだよねうん
と最初から分かってて観ました
----------
父王が行方不明となり、邪悪な継母の女王に閉じ込められて育った白雪姫は、
他国からやってきた王子と仮面舞踏会で出会い恋に落ちる。
しかし王子との政略結婚を狙っていた女王の怒りを買い・・・
----------
超太眉な白雪姫は最初どうよこれ・・・と思ったんですが
慣れると結構かわいく見えるおかしい
小人がギャングって設定はグリム童話の原作がそうだったんだっけね
なんともアクティブなお姫様でした

一応主人公は女王役のジュリア・ロバーツのはずです
大分白雪姫に食われたかんじですけどねえ
ジュリア・ロバーツの悪役ってこれが初めてだそうで
でもすごいハマってたよ(笑)

ティム・バートン系の映画が好きな人にはいいかなってかんじです
あと衣装が凝ってて面白い 仮面舞踏会の人々の衣装とか面白かったですね
posted by リオ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

映画「戦火の馬」

もとは動物系の人なので地雷臭してたけど観ました
----------
時は第一次世界大戦。農家の息子の主人公の愛馬ジョーイは
軍馬として売られ、戦地フランスへと送られる。ジョーイの辿る数奇な運命とは。
----------
地雷っていうか観てて気分の悪い映画でしたね
史実と分かっていても
100年前で今とは常識自体が違うと分かっていても
非常に嫌な気分になる映画でした

ていうかサラブレッドを農耕馬として使用とかありえないでしょ
これは原作の中にあったものか
それともスピルバーグ監督が物語上の盛り上がりとして作ったシーンなのか気になる
そこらの安い農耕馬を差し置いても欲しいほど良い馬だと言うなら
農耕馬としてではなく草競馬に使うなりレース馬として預けるなりすればもっと儲けられたんじゃないのか
運用方法を間違った良い例すぎてなんかもうね

結局戦争がそういうのを全部ぶち壊していくわけですが
ジョーイは本当に数奇な運命を辿ります
ライバルたる黒い馬とかとてもよかったけれども
ドイツ軍の軍馬運用方法とかもう観てらんないかんじでした

映画の中の馬は全て実際の馬でやっているんだとか
欧米は日本と比べ動物福祉が遥かに進んでいるので
心配するほどではないのでしょうが
それでも馬自身に無理させてんじゃないのかとハラハラしました
とはいえまあ馬のしぐさと表情には食い違いを感じつつも
(怯えてるシーンなのに耳が立ってるとかね)
いい演技をしてたとは思います

第一次世界大戦時の軍馬達の悲惨な数字をもっと出すべきではなかったかなと思います
イギリス国内だけで100万頭の馬が徴用され
6万頭しか生き残れなかったという事実はどこにも出てきませんでした
農耕馬とかだったんでしょうけどねえ
サラブレッドなんて今や希少種だというのに

第一次世界大戦時代の映画って多くは無いので
時代を感じたい人にはいいかもしれません
動物屋さん的には地雷
posted by リオ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

映画「ローマ法王の休日」

しばらく映画レポは書いてなかったけど普通に見てました
----------
次期ローマ法王を選出する「コンクラーベ」で選出された主人公は、
その責務の重圧に耐えきれず、公表直前になってその場から逃げ出してしまい・・・
----------
「ローマの休日」を連想して観るとがっかりします
全然違うから!!

なんといいますかね
何億人の信者の頂点たる重圧っていかばかりかってかんじですよね
枢機卿ももとはただの人で、敬虔な信者であっただけなのです
法王とはいえその下には人としての感情ももちろんあるのですよって話ですね

演劇のシーンは教養が無くて分かりませんでした
多分このネタを知ってるともっと深く理解出来た気がします
とはいえ多分この演劇シーンで投げかけられるのは
「法王という役を演じられるのか」という主人公への問い

ラストシーンにびっくりしました
ハリウッドや日本映画ではあり得ないだろうラストでした
問いかけ、投げかけで終わる映画というのも珍しい

悪い映画ではなかったですが思いの外淡々と進む映画でした
posted by リオ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

4/27TE 4/28Gv

GW前半は大掃除で終わったっていうかまだ終わってない
ここぞとばかりに断捨離してるんですけどまだまだいける気がする
今日ちょっと出かけますけどね RJCじゃないぞ

4/27TE
にゃんさんおやすみだったのでプリモの方でやってました
V3守ってみる?って事で守ってみたら満員御礼
ってか皆来すぎじゃねwwwww
さばとたんぽぽとRD?あと砂漠も来ましたか
そろそろ防衛だるいわってなってLに移動したら閑古鳥でやんの
Vに集中しすぎもどうかと思いますはい
結局堅実に行ってL3(K3)1砦でした

4/28Gv
F1攻め・攻城成功
防衛【なし】
メロだかどっかが落としたんで守るかも?ってんで行ったんですけど空でした

V4攻め・攻城成功
防衛【かもす】
この時間にちょっと自分は他の人と話をしていたので行ってません
なんかすげー楽しーって皆が言ってたのは聞いてましたが
てかかもすさんSE来ませんか・w・`?

F2防衛・防衛成功
攻め【栗あん砂漠】
V4落としたあたりでまた砂漠登場
こちらの戻りはそこまで遅くなかったと思うんですが
砂漠の展開が早かったかな
守護1で防衛してたんですが前回ほど持ちませんでした

1バリケの防衛戦も正直これダメじゃねとは思ったんですよね
バリケに全体的に張り付かれたのが数回あったんですが
制圧し返せてたのはEmC判断が良かったと思う
あとさやさんの判断は早かった上に正しかったと思う(笑)

相手のEmC位置に助けられた部分も大きかったと思います
撤退したんじゃないかってこちらが思うくらい下がったEmCが多かったので

今回は前回に比べてやたらとインプリ食らってた
インプリ要員が前回欠席とかだったんでしょうか
まりんもインプリ食らいまくってたようなので
サラにインプリが戦略上あったのかな
要職にインプリ徹底は良い手ですけど
それは自陣が防衛時にやるべき事だと思いますがどうですか

21:30くらいまで続くんかねこれって言ってたんですが
21:27に守護石直したところで砂漠撤退
お疲れ様でした

派遣はいつもどおりなかんじで
自分はいつものようにB4とB3をうろうろしてました
V3取られたのは残念

F2/N1/B3/B4/C2/V2 6砦でした

先週と同じなんで特に感想は・・・
砂漠さん進軍方法変えてきてたのでそれは新鮮だったかな
一人一人やるべき事は違うんで
いかに自分が今出来る事をやるかですよね

来週は家には居るんですけどお休みです多分
皆頑張れー
posted by リオ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Gv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

4/20TE 4/21Gv

の前に今週はプリカ2個作りました
個人プリカで5個目ですね
ただ色々あってブリュン・プリカともに1個ずつ増えているので
所持数としては6個になります ブリュンは3個ね
今回はなんだか沢山の人に手伝ってもらって感激です
お手伝いありがとうございました・w・*
参加賞の帖おぺんタイムで
じやさんがアクエンc出してた 今まで自分の帖で最高額じゃないか
他の帖もそれなりに当たり出たりしてたみたいでなによりでした

しかし最近予定がずれこみまくりで困る
追いついてないっていうか重い腰が上がらないっていうか
今週はDVD借りてくるのやめようかな・w・`水曜に映画観に行きますけども

4/20TE
エンペブレイカークエが死んだので戦闘勃発ってかんじですか
V4で守ってみたりしましたが満員御礼だった
割れはするけど守れないっていう
でもそれなりに楽しくもありましたーがー
TEやってるとストしたくなってくるよね
V4(G4)1砦でした

4/21Gv
F1攻め・攻城成功
防衛【栗あん砂漠】
なんか守ってるねって事でGO
守護2で防衛してましたが手こずるわけでもなく押しあげてって割り
1バリのバックアタック妨害も弱くバリ裏もいないようなレベル
2バリは放棄だったので3バリにガチ待機してるんだろうと思ったら
ここも手こずることなく陥落
言う事ないな

F2防衛・防衛成功
攻め【栗あん砂漠】
F4だかN5だかに見学も行ってたんですが
砂漠が来たっていうので戻り
砂漠はやっぱり進軍に足並みが揃ってるのがいいよね
単騎突破がないので圧力で押す攻め方と言いますか
ゆえに集合までの引きのタイミングもうまいので
それに釣られてこっちが前に出ると一斉進軍時に撃破されるっていういつものパターン
かなりの回数崩れたんですけどそれでも守護破壊まで時間がかかったのは
砂漠の圧力が弱いのか はたまたうちの火力陣が頑張ってるのか
ああ玉葱のRGにはスレイプもくっついてますよ地味に
1バリ戦では1バリ前のアーチで完封でした

B4攻め・攻城成功
防衛【ちゃくれ】
他砦を確保してB4行ったらちゃくれがガチ防衛してて吹いた
しかも一度割り回されるとかどういう事的な
Timeもいたんで祭りかなんかかと思ったんですがこれは後述
結局ラストに全員のりこねー^^ってかんじで残り10秒ないくらいで割り

F2/N1/N5/V3/B4 5砦でした

今回の戦闘は生存時間が長くて
毒が切れたり料理切れたりをよくしてたのが反省点
注意喚起はいつもしてるつもりですが今回も頑張ってみた
効果はあったかなあどうだろどうだろ

Gv後になんかちゃくれが記念撮影してるっていうので見に行ったら
にゃんさんが直球質問かましてました
その後ろにくっついてたら
B4の件
めっちゃ非難ゴーゴーわらた すんませんwww
※隠してない人が全員我紅メンバ
EmCマスター休止による半分お祭りだったようで納得です
ほとんどこのログ分しかお話はしていませんが
良い方という印象を受けました
休止との事で お疲れ様でした

次週からGWなのでどうなるかな
来週は出ますが再来週は多分出ません
それまでに大急ぎでやらなきゃいけないあれこれがーうあー
posted by リオ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Gv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

4/13TE 4/14Gv

3年連続3回目の結膜炎診断が出ましたーいえーい嬉しくなーい ;w・←右目が結膜炎
完全に花粉性アレルギーですわ
来年からゴーグルメガネだなksg・・・
ヒノキが一番反応するので今が一番きつい
頑張れ頑張れあと半月 ばたり

あ皆さん進撃の巨人見ましょうね(ステマ
OP曲いいよ!!OPを見ましょう(ステマ
OP曲は配信もされてるんで7/10を待たなくてもノープロブレムです(ステマ

GWの予定は皆さん決まりましたでしょうか
HKに相方様引きずってく事だけ決めましたが(未承認
あとは決めてないんだけど多分だらだらしてます
HKは今週観に行こうかと思ってたんですけど
数少ない機会なのでGWにする事にしたのさ・w・
映画は他にリンカーンと藁の盾を観に行くつもりですGWじゃないけど

他ゲームは何を血迷ったのか
とびだせどうぶつの森を買ってしまいました
もともとこういうハコニワシミュレーションゲーは
ブラウザゲーに限りますがよくやってたんですよ
がっつりやりまくって1ヶ月くらいでいきなり飽きるんですけどね
今回もそういうのを彷彿とさせたのか
なんか変な方向に心配させてる気がするんですけど多分大丈夫だよ多分・・・
やり込みすぎないようにだらだらやろうと思います

4/13TE
EmCコール
メルさんのEmCコールがだんだん楽しみになってきた件

でまあ今回も割り周ってました
今日は割とクエストもこなせてよかったねえ
ちょっと自分は電話来てて半分くらいいませんでしたが
たまにガチ防衛してるとこがあれば行ってたかんじ

最後はV2を守ってたんですが
最後にL1にEmCで割り勝ち
V2(G1)/L1(K1) 2砦でした

4/14Gv

F2防衛・防衛成功
攻め【さば】
暇かなって話してたらさばさんが珍しく来たので防衛
特に言う事ないかな・・・
あっちでEmCされたと聞けば皆して目ギラギラさせながら行ってたんで
自分が到着する頃にはもう落とし終わってるんですよね
極力こちらはEmCなしで防衛しましょうって事で
結局EmCしたの1回だっけ?
30分ほどでさばさん撤退
さばさん相手に30分も防衛してるって殆ど無いので楽しかったですよ

F2防衛・防衛成功
攻め【ペルソナ+黒船】
さばさんと入れ替えでペルソナ+黒船が来襲
いい加減そろそろ本同盟でいいんじゃないでしょうか
でまあだらだらと防衛
左右に振ってくる攻め方でしたねー
それに釣られて全体が追いかける追いかけるってかんじ
今日はこれ頑張りましょうっていう方針が一応こちらにありまして
出来たと言えるんかなーまあまあ頑張った?まだ行けると思いますが
30分ほどで一旦撤退されました

F2防衛・防衛成功
攻め【ペルソナ+黒船】
ちょっとこちらが他に遊びに行ってたらまた来たので防衛
こちらの戻りが非常に遅かったのはうなぎも言ってましたが反省点ですね
これは大前提の意識付けが甘いのが悪いので伝達頑張りましょう自分も含め

守護はそんなわけで割られたんですが1バリケ完封
言う事も特にないかな・・・

B4防衛・防衛成功
攻め【板連】
もとは板連が防衛してたので制圧
でB3も行ったらまた板連が居たので攻めて制圧
んで割ったら板連が最後に来たので慌てて戻ってどうにか逃げ切りってかんじ
自分は最後B4→B3→B4と移動したんですが
ずっとB4居ればよかったです反省

F2/N1/B3/B4/V3/C4 6砦でした

なんかガチ本気戦闘では全然なかったですが
戦闘自体はずっと続いていたかんじがしたので
皆言ってましたが楽しかったですね
さばさんにはいつも相手してもらえないので
30分も戦えてとても楽しかったから次回も是非
posted by リオ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Gv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

映画「アイアン・スカイ」

ちょっと気になってたので観ました
----------
第2次世界大戦で敗走したナチスは月の裏側に逃げ
独自のテクノロジーを発展させながら地球に攻め入る期を狙っていた。
期は熟したと、ナチス軍は地球へ侵攻を開始する。
----------
あれだね
SFバカが本気でバカ映画を作りました!!!!
ってかんじの映画
ぶっとんだギャグ映画でしたわ 面白いんで是非是非
90分くらいなので軽い感じで観れるのも良し

ナチスがそのままテクノロジー発展させたらこんなかんじだろうなあwww
ってかんじのメカメカしたとことか良かったですね
でも宇宙戦艦が動くキモがアレとか大笑いですよ

各国会談とか大統領選挙のキャンペーンだとか
すごい皮肉ってるのが分かるコミカルさも面白い

でもCGは本気 っていうのもまた面白い

もちろん色々突っ込みどころはありましたよ
そもそもどうやって最初月に逃げたのかとか
ってか月と地球の行き来ってこんなに簡単なのとか
ヒロインの心変わりの内面描写少なくねとか
まあでもそういうのは深く考えるだけ無駄なので
何も考えずにポップコーン食べながらバカ笑いする映画ですね
posted by リオ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ステキな金縛り」

三谷幸喜作品はある一定ラインありそうなので観ました
----------
ダメ弁護士の主人公が、ラストチャンスとして与えられた仕事は殺人事件の容疑者の弁護。
容疑者は容疑を全面否認、しかし事件当日のアリバイが無い。
容疑者は当日、旅館で夜ずっと落ち武者の幽霊に乗っかられており、金縛りで動けなかったと言う。
主人公はアリバイを証明してもらうべく、落ち武者の幽霊に法廷に立ってもらう事にする。
----------
演劇がそのまま映画化されたかんじなので
演劇独特の言い回しやかけあいなんかに慣れてないと「わざとらしい」感覚があるかも
でも面白かったですねえ
幽霊巻き込んだドタバタ喜劇!!ってかんじで
俳優陣がすごい豪華なんですが
そんな豪華な人らが真面目に幽霊囲んでるとかそれだけで笑える
落ち武者の幽霊を西田敏行が演じてるんですが
これがまた超いい味出してる
笑顔で観れるありえない設定映画でしたオススメ
posted by リオ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。